スマートフォン 省エネ

スマートフォンで省エネ

スマートフォンで省エネ

スマートフォンは、便利な道具です。携帯電話もかなり高度に進化しましたが、スマートフォンは、その上を行く機能を持っています。
しかし、スマートフォンには機種共通である問題を抱えています。それは電池持ちが悪いということです。最近は電池持ちが良いことをウリにしたスマートフォンも出て来ましたが、それでもちょっと使い込むと減りが目立つ結果となってしまいます。

 

 

ですが、スマートフォンでも電池持ちを少しでも良くする方法がいくつかあります。代表的な方法をいくつか記載します。
スマートフォンで最も電池を消費するのは表示装置(液晶や有機ELなど)です。メーカーもこの表示装置の省エネで競っています。ですので、表示装置でなるべく使用しないのが電池持ちを良くするカギとなります。使っていない時は、画面を消灯します。また、点灯時間もなるべく短くします。

 

 

また、wifiやbluetoothなどは、接続されていな場合、接続先を検索します。これも電池を消費するので、使用しない時は機能をオフにしましよう。
それに、常駐しているアプリが多いと、それらが電池を消費する可能性があります。例えば歩数計アプリなんかは、常に動いて歩数をカウントしています。使用しないアプリは起動しないようにしましょう。

 

 

スマートフォンの省エネで大事なのは、スマートフォンは電池持ちが悪いと意識して、常に省エネを心掛けて使うことです。少しでも長く使うためにこの事を頭の隅にでも置いておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ